タイピングソフト 速打英単 ソクウチエイタン

3日前の深夜突然思い立ち、タイピングソフトを作りました。
ブログパーツなので、このコードをブログに貼付けると設置出来ます。

<script language="JavaScript" type="text/javascript" src="http://kokoku-kansoku.com/flash/eitan1.js"></script>

ミスをするとかなり減点されます。要注意。

昨日寒かったー。
なんか東京は雪が降ったらしい。
ありえないよ。
会社にこもってたから伝聞なんですけど。

雪ついでに雪Flash作ってみました。
http://feb19.jp/snowfall.swf
音楽流れます。「Fragile Snow/Nobuhiro Takahashi」

800個の丸シェイプを動的に描画、生成して落下速度に応じてブラーをかけてランダムにアルファを変化。それでもやっぱActionScript3.0は計算早いね。Flashでようやく繊細な表現ができるようになってきました。ただしPlayer9限定。日本語版のCS3が発売されたらMeditationをAS3.0で書き直そう。

Logic Studio

普段使っている作曲ソフトの"Logic"がバージョンアップして、
別売りプラグインが全部バンドルされてさらに価格が下がって6万円オールインワンパッケージに。
その名もLogic Studio
Appleのネーミングセンスの無さというかその辺すげーなと思う。

価格破壊度がこれまた半端無い。
ぜひともAdobeを買収して頂いてFlashやPhotoshopを2万円ぐらいで販売して頂きたいものです。
で、名前はDesign Studioとかになるんだろうな。

英単語なタイピングゲーム

前に作った物のリファイン版です。

今回は、ブログパーツ内部で完結した作りにしました。

A Flash Polyphonic Synthesizer

こないだのオシレーターがどうのこうのはこれを作っていました。

http://feb19.jp/polyphonic_synthesizer/

Flash Player 10の機能を用いて、ポリフォニックシンセサイザーを作ってみました。

オシレーターはサイン波、矩形波、三角波、ノコギリ波の四種類が一系統で、VCAのADSR(エンベロープ)が操作できるだけのシンプルなシンセサイザーです。
お手持ちのPCのキーボードで演奏が可能です。

ポリフォニックなので音を重ねすぎに要注意であります(音が割れるよ)。

--

曲を作らずに楽器を作りだした最近の僕。いや、ちゃんとちょこちょこ曲つくってますよ。

Flash Lite

最近、お仕事でケータイのサイトを作る的な事をしています。

ケータイのサイトって、普段ほとんど見ないので(というかほぼ皆無)、どういうものかというレベルから模索気味でスタート。Flash Lite 1.1という、Flashの低機能版みたいなものが大体のケータイには入っているらしいので、Flash Lite 1.1について調べていたら、えらい古いバージョンのFlashと同等レベルの機能しか無いらしく、制御用プログラミング言語もAction Scriptと呼ぶ前の段階のモノだった。

こりゃあ一つプログラミング言語覚える位の勢いだなぁという感じでしたが、Action Script 1.0の原始みたいなものであるということと、fscommand2という「コマンド」の存在と、パス指定(tellTargetとか)のやり方と、ケータイというハードのちょっとした特性みたいなものを理解したら、案外サクッと簡単なFlash Liteサイトが出来ました。

ただ、各キャリア間での誤差とか、機種間での誤差とかが色々大変なので最後の調整が大変な気がします。解像度がQVGAでFlash Lite 1.1、みたいなシンプルな縛りだったら簡単に作れると思います。


ところで、初期段階で手っ取り早く情報を収集しようと思って書籍を購入しようかと思ったら、「ケータイFlash Liteコンテンツ開発ガイドブック」という本が販売されていると言う事を知ったので、それを買おうかと思ったら、

http://r.impressrd.jp/iil/flashlitecontent07

5万円ですって。A4の紙一枚300円の大型アート本でも使わないような高級紙を使ってたりするのかしら。それこそ和紙とか。

それだったら買いたい。